新作 ピノキオラプソディ 登場!

November 29, 2019

こんにちは六甲ビールの大西です。
秋も深まり、紅葉がキレイな季節になりましたね。
通勤途中の山々も、赤~黄色~緑の美しい彩りになり、日々変化していく紅葉を楽しんでいます。

 

 

 


約1ヶ月ぶりとなる新作!「ピノキオラプソディ」
ちょっと複雑な味で、まるで赤や黄色や緑の葉を散りばめた秋の六甲山のように色々な表情を見せてくれます。

複雑な味わいだからこそ、色んなシーンで楽しめる「ピノキオラプソディ」です。

 

まずは、スタッフからの味の評価をどうぞ!

 

 

●ヘッドブルワー大渕●
第一印象は、泡持ちがやや濁りのある褐色の帯びた黄金色。
アロマはバニラの甘い香りが感じられる。
飲み口はまろやかだが、フィニッシュは酸味が効いていて少し刺激的。
そんな複雑な味に仕上がっておりますが、ドライであと残りすることなく、どなたでも飲みやすくなっています。

 

 

 

●ブルワー 鶴田●

キノピオラプソディは酸味があったり、ほのかな苦味もあったり不思議なビールです。淡い恋心をくすぐるような。誰にでも飲みやすいごくごく飲めるビール。柑橘系のドルチェと一緒に飲んでいただくと合うと思います。

 

 

 

●営業 友廣●
少年のような甘さの口当たり~ウッドテイスト~フィニッシュに感じられる酸味。
複雑な味でも最後には今まで味わったことのない体験が!
この一杯で味わえる複雑な大変はまさに紆余曲折しながら冒険を繰り返すピノキオのよう!
固定概念に囚われない自由奔放なスタイルをぜひ体験してください!

 

 

【画像2】

 


名称 ピノキオラプソディ
度数 6%
IBU 15
価格帯 ミドルレンジ

サイズ 10L、15L

 

 

 

ピノキオの物語はご存知の方も多いと思いますが、自由気ままで騙されてばかりのピノキオが色んな経験を積んでとうとう人間になる物語。そんなピノキオの物語にリンクした気がして、、、そして色々なメロディーを奏でるように色々な表情見せてくれるので「ピノキオラプソディ」と名付けました。

 

 

 

もちろんそのままでも美味しいので、胡桃などのナッツをつまみに飲むだけでも美味しいと思いますが、ちょっと趣向を変えてナッツとドライフルーツたっぷりのパウンドケーキをあてに、読書しながらとかいかがでしょうか。
秋の味覚、栗ご飯や秋刀魚と合わせてもいいと思いますし、焼き鳥(特に塩)と一緒に合わせてもいいと思います。

 

本日は以上です。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

May 1, 2020

March 13, 2020